無料翻訳ソフトDeepLの性能に感動したので、DeepLのロゴを改良してみた。

無料翻訳ソフトDeepLの性能に感動したので、ロゴを改良をしてみた。

みなさん、DeepLは使っていますか?

以前はDeepLの性能を紹介しましたが、

使っているうちにいくつか残念に思える点が出てきました。

私はDeepLのアプリをMacにインストールして使っているのですが、

アプリの右上にあるDeepLのロゴが他で使われているロゴと異なるのと、視認性が悪いので

勝手にロゴを作り変えてみました。

もちろん、作者の方の思いもあるので、私が作った方が良いとかは思っていませんが、

コロナでだいぶ時間が空いているので愛すべきDeepLのために時間を費やしてみました。

まずは、DeepLを知らない方は以下の参考記事をご覧ください。

 

google翻訳を超えた?!無料で使えるDeepL(ディープル)

というように、自然な翻訳が強みのDeepLです。

 

コロナでだいぶ時間が空いている私は

私は愛すべきDeepLのために時間を費やしロゴの再設計をすることにしました。

とは言っても大きく変えるのではなく、例のごとくグリッドシステムのフレームワークを使用して

ブラッシュアップすることにしました。

黄金比のフレームワーク

DeepLと黄金比のフレームワーク
1:3:8:13のサークルのフレームワークを用意

黄金比のフレームワーク

3:8:13のサークルを使用して、キーとなる六角形と3つのサークルを作成する

六角形の角丸用に比率1のサークルを配置

中心に軸を作ることで、中央3つのサークル位置の決定をし、さらに中央3つのサークル同志を比率1のラインで結ぶ。大元のDeepLのロゴでは下部のサークルのラインを敢えて離しているためそこも踏襲した。

フォントも新規で選出しカーニングの調整を行った。

またシンボルの中央の3つのサークルはそのままだとバランスが良くなかったため若干左に寄せた。

 

そして問題のアプリのロゴを当てはめてみた。

現在のDeepLのアプリのロゴとステータスメニュー

現在のDeepLのアプリのロゴとステータスメニュー

今回作成したDeepLのアプリのロゴとステータスメニュー
とこんな感じ、右上のDeepLのロゴとステータスメニューアイコンをご覧ください。
シンボルとDeepLの文字、ステータスメニューアイコンの視認性も向上したのではないか?
黄金比のフレームワークについてもっと知りたいという方はこちらも参照ください。

 

そして最後に今回のDeepLのロゴ再設計のプロセスを動画で見られます。

 

DeepLさん、今回は勝手にロゴをいじってしまいごめんなさい。

もし気に入ってくれたらsvgやai、ロゴのアイソレーションも作成してプレゼントしますので

連絡いただけたら嬉しいです。

最新情報をチェック!
sponsors