ブーリアン、ベジェ曲線、カーニングのスキルを上げたい方へ

フォントのカーニングや、ブーリアン、ベジェ曲線のスキルが上がるサイトの紹介

昔、私がデザイン事務所に入り込んだ時に
いやと言うほど世界、日本のロゴを見させられました。
事務所には壁一面の本があり、
それを全部見続けるというのが、まず最初の仕事だったと覚えています。

ロゴに関する本がほとんどを占めていて、
その他にパンフレットなどに関するレイアウトの本
建築、展示場などの本が合った記憶がありますね。

ようやくwebが仕事として出てきた時代ですので、
Webの書籍なんてありませんでした。

当時の先輩、社長はロゴやその他のデザインに対して
「経験積むには良いものをより多く見ること」
「まず紙にたくさん描くこと」
と言い切っていました。

食の世界の職人のような言い方でしたが、
いまだに思い出す言葉です。

経験が少なかったり、若い時はすぐにソフトウェアをいじってしまいがち。
私もそんな一人でした。

経験を積むには”良いものを、より多く見る”ことは大事ですが
今の時代はネットで学習することもできますね。

カーニングもよく見ることも大事ですが、
実際手を動かすことで習得できるものも多いです。

ということで今回はデザインのゲームサイトを紹介したいと思います。

Kern Type, the kerning game

 

Ipadで開けはマルチタッチ対応

KERNTYPEは有名なサイトです。

テキストを左右にスライドさせて、
正しいと思う位置まで動かし、Compareを押します。
そうすると、正解と点数が現れます。

全部100%取れたらなかなかのスキルだと思います。
文字詰め(カーニング)が苦手な人は、これで感覚を掴んでみるのはどうでしょうか?

The Boolean Game

ブーリアンのゲーム
ブーリアンとは
複数の形状を和、差、積といった集合演算により組み合わせ、合成された形状を作る演算です。

と、難しい言い方ですが、
色々な形状を使って合体させたり、差し引いたりして新しい形状を生み出すと言えばわかりやすいでしょうか?
このゲームをやってみたらわかりやすいと思います。

右上の→で次の問題に進めます。

 

進めば進むほど難しくなって行きます。

ブーリアンはロゴなどのグリッドシステムにも通じるもので
作成途中に多用することになります。
一度試してみてはどうでしょうか。

ベジェゲーム

これは、ある形状にそってベジェ曲線で描いていくもの。
なんだ、簡単じゃない?と思いましたが、
アンカーポイントの数が限られるので、ちょっと頭を使う必要が出てきます。

同じ形状でもアンカーポイントが少ない方が、
データの容量が少なくなるのです。
ということで、ゲームをクリアして軽量化に慣れるのは良いと思いますよ。

 

最新情報をチェック!
sponsors

gameの最新記事8件