フォントの明朝体、横線がなくても読める説?! 

「明朝体、横画がなくても読める説」がTwitterに投稿されたのは、2018年くらい。今回はそのおさらいと、ロゴに生かせる手法を簡単に説明します。

Varhilという人工言語を作っているへだるさんが提唱?!したものです。
まずは見てください。

投稿された画像に書かれている文章は説の通り「明朝体 横画がなくても 読める」。横画のない漢字なんて読めるはずがないとおもいきや、簡単に読めてしまいます。

横画のない明朝体で書いた「自由が丘」「目白」「溝の口」「日野」などの文字も。「目」「口」「日」などは単体では判別が非常に難しいですが、前後の文字で判別できてしまいます。

これは将棋の名人の名前ですね。

 

横线细的消失 | 字体

 

株式会社パレード(英語表記:PARADE Inc.)

 

[メイシアター × sunday play日本の名作♯3「やぶのなか」|フライヤー|Art Direction and Design: 山口良太(slowcamp) | タイポグラフィー]

根津 | 攝影:陳鳳兒設計:朱偉誠 那天去根津的時候已經午後,買完金太郎貽、繞完神社天很很快就暗,走了很遠的路,一直到… | Flickr

 

コロナで自粛 2020 RialtoLLC

今回は明朝体の横線を省略しても、文字のつながりで予測できるということを説明しました。
これを活用するとロゴやタイポグラフィのバリエーションも増えそうですね。

最新情報をチェック!
sponsors