角上魚類アプリのスプラッシュ

魚を買うなら角上魚類!!勝手にアプリリニューアルの提案をするの巻

UX 角上魚類アプリのスプラッシュ

角上魚類に行こう

魚を買うなら角上魚類!角上魚類のアプリリニューアルを推進したい

 

-安い、新鮮、種類が多い!

鯵や秋刀魚、スルメイカといった大衆魚では
金額の差はあまり感じられないですが
一匹まんまの鯛、鯖、イナダ、鰤といった
中型、大型魚だと一般的なスーパーでは売り出されていないか
あっても値段は1000円以上はするでしょう。

しかし角上魚類では真鯛、イサキ が500円、鯖、イナダが300円から買えるんです。(日によって誤差あり)
セール品などではなくごくごく一般的で珍しいことではないのです。

角上魚類ホールディングスHP

関東圏、どちらかというと郊外に点在しています。

ちょっとした居酒屋などで食せる、皮剥の肝和えなども
大体600円で一匹分を手に入れることができるんです。
時々300円とかでも買えたり・・・
時期によっては正直飽きるくらい肝がでかい。。。

カサゴ、クロソイ500円、サザエ150円、イワシ60円とかザラです。

_2020年ソーシャルディスタンスの問題で_
_マグロ解体ショーは自粛中です。_

また珍しい魚種を手に入れることができるのも大きな魅力です。
アカヤガラ、キンメダイ、マトダイ、カガミダイ 、ハタの各種類、ホウボウ、ゴッコ、ノドグロ、キンメ、サヨリ、白ミルガイ、ホッキ貝、
六角、イトヨリダイ、カジカ、アオリイカ、クリガニ、丸ごとウニ、丸ごとベニズワイ、甘鯛などなど
築地や川崎に行かないと見ることができない魚達が来店を待っているのです。

下処理が無料でカスタマイズ可能

1匹まるまるの魚を購入したくない(奥様方の)理由は
生ゴミが嫌、裁くことができない、面倒臭い、量が多い、
だと思いますが、魚の下処理は無料なのです。

しかもアラも貰うこともできますし、
そのまま店側で捨ててもらうこともできます。
半身は皮付きで、半分は皮なしで、というオーダーも可能なのです。

店内には魚捌きの職人が何人も待機していて、
ユーザーは魚を選んで捌き方を伝えると、
それから下処理してくれます。
確かに切り身がパック入りで売られているものをそのまま購入するより
時間はかかりますが、
調理方法によって、下処理を変えたいことってありますよね?

カサゴをアクアパッツァにしたいなら、鱗と内臓だけ取り出してもらうし。
秋刀魚ならそのまま買うことが多いでしょう。
キンメなら皮付きで3枚に、アラは煮付けや汁にするため持ち帰り。
カジカなら唐揚げ用に背開きをお願いするかもしれません。

要は捌き方も自由にお願いできるのです。
いつだったか私の隣のお客さんが言ってました
「半身刺身皮付きで、半分煮付け用に切れ目、アラは持って帰ります。
卵かなにかあったらくださいね。」

角上魚類は
この下処理を軸に事業展開してきたと言われています。
こういったことを可能にするのが角上魚類なんです。

街中ではなく、郊外にある

 

全ての店舗に行ったわけではないのですが、国道や大通りに隣接しており
駅から離れているポイントに存在します。

それのどこが良いのか?

①駅近にあったら値段を割高にしないと難しい
売れ残りを考慮した金額になるのと、
大量に仕入れることはないので
安く売っては元が取れません。
駅近にあるより郊外にあったほうが賃料が安いのでコストを抑えられますね。

②継続率の高さ
駅近ではなく、郊外にあるため
渋滞にハマりにくく通いやすいため
ユーザーの利用頻度、
利用継続率を高くすることができる。

角上魚類の面白さの一つは、毎日売り出される魚が異なる点。
時々とても大きなベニズワイガニが500円で売られていたりして、
出会った時はお宝を発見したように感じてしまいます。
後述しますが、目玉商品は毎日配信されると本当は絶対便利・・・

宝探しの感覚をユーザーに提供しているが、
プロの居酒屋マスターなどには最初に入荷種類が見えていたほうが助かるかも。

満足できない点

ここまでは角上魚類に対する愛情をお伝えしてきましたが
ファンだからこそ言わざるを得ない、改善したほうが良い点について。
こうして欲しい!という要望です。

下処理の伝達漏れが多い、、、、、かと。

ウマズラハギを刺身用にしてもらいました。
アラもください。
とお伝えしたのですが、袋にアラが入っていないとか
カジカを唐揚げ用に頼んだら、身だけになっていて
アラと骨が入ってないとか
結構多くあります。笑

おそらく原因は私(ユーザー)や窓口担当と
下処理職人の伝達の間にあります。
順番と下処理の種類が書かれた色紙(ここでは以降チケットと呼びます)を渡されますが、
下処理方法を小さく書いてあったりすると見逃すだろうな。
と思います。

また窓口は必ずしもベテランがいるわけではないので
オペレーションミスもあるでしょう。
そして滑舌が悪く発音してしまったら
私に原因があるかもしれませんね。

そういったミスケースの際に
混雑で待ち時間が長そうな場合、用事があって待てないという場合は
下処理オーダーをお断りして帰ってくる場合がほとんどです。

基本的には角上魚類では、
こういう場合すぐに違う魚でやり直してくれるのですが
損失と、資源がもったいないと思っていました。
入荷された魚が閲覧できて、下処理も選ぶことが可能で
完了したら取りに行けたら便利なのに・・・・・・

後述しますが、角上魚類のロス率は通常の鮮魚店では6~7%のところ1%以下ということです。
ですが、ユーザーとのコミュニケーションミスは1%では済んでいないはずです。
→## 下処理のオペレーション向上

店舗に行くまで入荷魚種がわからない

店舗に行くまで入荷された魚種がわからない、
これは時間に余裕のある人にとっては宝探しをしに行くようで
一種のアドベンチャー要素があるかもしれません。

ピンポイントでカワハギの肝和え食べたい。
とかカツオのタタキ食べたい、
サンマ食べたい、
という時は多いでしょう。
そういう場合はやはり入荷魚種や在庫が見えると
ユーザーにとっては便利です。

人気のベニズワイやカンパチ、殻付きウニなどの
特に人気な魚類の入荷があった場合は必ず行きたい。
そう思うのは私だけではないはずです。

アプリ、デジタルマーケティングがもったいない

角上さんには会社HPがあり、
スマートフォン向けのアプリも出しています。
ですが、もったいないと言えます。

特にアプリに関しては
開発会社がそのままアプリを配信したようですが、
アプリのコンテンツ(内容)にチラシやクーポン、
などのボタンが存在しますが、押しても中身がないようです。
ショップのボタンを押すと、webのECサイトに飛ぶようになっています。
現状は毎日届くプッシュ配信は機能しており、
レシピのボタンを押すと、他社が運営しているレシピサイトに飛ぶようになっています・・・

開発会社(リリース)はpcPhaseという会社のようです。
アプリは既存テンプレートを利用し使いまわしているのかな?と。

角上アプリの魅力

1 お店の旬の入荷がわかる
2 市場先取り情報がわかる
3 いつでもチラシが見える
4 スマホからネットショップで買える

とPRされています。

4に関してはアプリのボタンから干物、冷凍物を購入できるECウェブに飛ぶようになっていますが、その他はあまり機能していないようです。
さては運用がし辛いのか?店舗によって任されているのか、、、?
//////////

2020年のソーシャルディスタンスによって、実店舗では入場制限がかけられていますが、20分待って入店したのに欲しい、食べたい魚が入荷されておらず、そのまま引き返すことも何度か経験しました。

ソリューションCと合わせて、欲しい魚種を下処理を待たずに持ち帰ることができたらより一層満足度が上がるのでは?と思いました。

もったいない。
実にもったいない。

ということで、まずはアプリの改善を以下のようにしてみませんか?

改善ポイント

 

下処理のオペレーション向上

予約機能、プッシュ通知で解決

「刺身用で」「三枚おろしで」「そのまま」
「刺身用、半身は皮付きで」「五枚下ろしで」
「アラ付きで」「卵あったらもらいます」

とこのように多くの鮮魚店は下処理をしてくれるが
顧客(ユーザー)が多く来店する当大型店は
以下のような仕組みをとっている

  1. ユーザーは欲しい魚を選び、言葉で捌き方を販売担当者に伝える
  2. 販売担当者は下処理職人に捌きの種類をメモ書きしたチケットを渡す
  3. 販売担当者はユーザーに順番を示すチケットの半券を渡す
  4. 調理が終わるとチケット番号がアナウンスされる
  5. 自分の持つチケット番号が呼ばれると下処理済みの商品を取りに行く

前述しましたが①と②の間でオペレーションミスが多いので
このオペレーションの向上でユーザーの枠を増加させることと、
今までのユーザーにもさらなる満足感を提供することができると思います。

角上魚類のロス率は通常の鮮魚店では6~7%のところ1%以下という低ロス率。営業利益は19年3月期で21億円だから売上高経常利益率は6%以上だ。

[港町の魚屋だった角上魚類を急成長させた「対スーパー4つの逆張り戦略」 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン]

ここで指摘されるロス率が具体的にどこの部分かわからないのですが、
(ミスした身は刺身や惣菜への変換対応は容易でしょうし。)
ユーザーとのやり取りの中でのロスはもっと多いと踏んでいます。
まあそれもデータ可視化はされていないので、定性判断なのですが。

角上魚類の栁下 浩三社長は対面販売を重視していると思われるので
この部分のIT化には怪訝な顔をするかもしれないです。
2020年、角上魚類にもソーシャルディスタンスがやってきました。

実際店舗で魚が整然と並んでいる光景を見るのは雰囲気があって良いのですが、新しいニーズとしてはネットでプレオーダーできる仕組みを作る頃合いかもしれません。

寿司の種類のオーダーも指定できる仕組みや
並ばずに下処理オーダーした魚のテイクアウトができるように
プッシュ通知を活用することも可能でしょう。

今は使い捨ての数字が書かれた札でしか管理できていませんが
ここをデジタル化すると、管理側(画面・集計)でのマネジメントも可能になり
アプリを通して事前オーダーできればユーザーの時間の有効利用、
満足度に繋がると思います。
また下処理の事前オーダーというニッチな分野を展開することで
さらなるPRにも繋がるでしょう。

当日仕入れ品の事前告知

 

シケ、不漁などで品数が少ない日もあるでしょうし、
正月休みなどは流石に漁師も休むので、
冷凍のカニ、エビなどが主役になる日もあると思います。

角上魚類の紙のチラシを見たことはないのですが(実際あるんですかね?)
これもまた店舗によるのか?
アプリではチラシというボタンが存在していますが、、、

運用面を考慮すると当日や週間、月ごとの紙でのチラシ運営は難しいのではと思います。
漁の出来、不出来にも入荷は変わりますし、
紙のチラシにかけるコスト、紙のチラシをデジタル化しても
視認性が落ちるコトを考慮すると、そこに注力すべきではないと考えます。

現場の売り場でスマホかタブレットで写真を撮れば
魚種と値札同時に見せられますし、
臨場感があって手軽なはずです。

職人ランキングの導入

私は大学生時代に料理人の元で魚の下処理を3年ほど手伝っていました。
今も標準的な程度の魚(アジ、カワハギ、イサキ など)を
捌くことは問題ないのですが、
マゴチやヒラメといったちょっと面倒な魚は苦手です。
彼らは骨格のせいで綺麗に捌くにはコツと経験を必要とします。

角上魚類の下処理の職人さんのスキルはかなり高いと思います。
そして、職人それぞれに個性があると思っています。

仕組み上ユーザーは職人を選ぶことができませんが、
アラも欲しいというニーズの際
魚のカブトを複数に割ってくれる方もいます。
こうなると出汁が出やすくなるんですよね。
家庭ではなかなかできないことでして、
タイなどのカブトはかなり頑強で、
大きく重い出刃包丁などがないと、まあ分けられません。
無理にやろうとするなら刃こぼれは必須でしょう。

また苦玉という魚の胆嚢があるのですが、
時々これを潰してしまって臭くなったり、色が身についてしまったりと
そういう残念なケースに遭遇することもあります。
もちろん大量の魚を捌いていく必要があるので
時にそれに気づかない場合もあると思います。
とはいえ職人の仕事の細かさは、
裁かれた身などを見ると素人でもわかるものです。

コウイカを刺身用にオーダーした際には、
身とゲソは当然のこと、エンペラ付近の皮もつけてくれたケースもありました。
イカの皮を刺身で食べたことはなかったのですが
コリコリ、シャッキリとした歯応えと
身よりも甘みが多く、
それを食べた時には良くぞこの部位を提供してくれたなー、
と思いましたね。
この部位は色々な本やwebを検索しても食べているケースを探せないのです。
なので、このコウイカを捌いてくれた職人には投げ銭を入れたいと思いました。
チップのように、該当の職人に投げ銭したいです。
無料で処理をしてくれているのですが、アプリを通してさらに払うことで
その職人のモチベーションアップと、ユーザーにはクオリティーと新しい食べ方のスタンダードを提供することができると思うのです。
これからの水産資源の未来、海、魚に関わるヒトへの脚光、ブランディング になると思います。

後述しますが、鱗やエラも食べることができます。
その珍味を手軽に手に入れられる角上魚類は、
ディズニーランドの100倍超えたエンターテイメント施設だと思っています。少なくとも私はね。

無駄をなくすレシピ

 

角上魚類の店内ではたこ炙りやカツオのたたきサク、あん肝、イカ塩辛などの自家製商品が並びます。
そういった部位の自家製もさることながら、より魚の部位にフォーカスした
商品を提供していただきたい、と切に願っております。
タイなどの鱗、エラ、卵や白子といった普段捨てられる箇所は
食べることができます。
イサキ の白子も大人にとっては通ですが、卵も甘辛い下味で焼けば
たらこ以上に子供たちにも人気です。

他にも角上魚類だからこそのレシピを作ることができるのではないか?
と思っています。
普段捨てる部位の活用-

普段捨てる部位をサブスクリプションで近隣の居酒屋などに取りに来てもらい、卸せば生ゴミも減り、少なからず利益に繋がるでしょう。
居酒屋も角上魚類の恩恵を得ることができ、
今後の店舗拡大に繋がりやすいのではと考えています。

またそうした料理のプロ店舗にレシピの公開機能を開放し
角上で購入した食材のオリジナルレシピを投稿させるのも
双方にメリットがありますね。
プロ店舗側のPR、角上としてはレシピ公開を他者に委ねることで
運用コストをあまりかけずに自社のコンテンツを増やしていくことができます。

角上魚類さんには、もっと儲けていただき、より魚文化の深化を推進して欲しいと思っている次第です。
2020年3月決算で351億の売上、純利益で約13億ということですが
デジタルトランスフォーメーション推進役として
私をぜひ参画させていただきたい。
そのように願うばかりです。
角上魚類への愛が収まりません。

  • 夕方以降の在庫公開
  • 販売管理を楽にする管理機能
  • NFC(近距離無線通信)の活用

などの企画もありますが、長文になったため今回はこの辺で。

まとめ

角上魚類はコストパフォーマンスに優れた現代最高の魚屋だ

デジタル化でもっと儲けて、ユーザー満足度をあげるべき

→プリオーダー、予約可能
→下処理のカスタマイズ性を初見で可視化
→職人のブランディング
→デザインで企業ブランドのさらなる向上

アプリやwebはさらに力を入れ当社リアルトに手伝わせて欲しい。

初回相談無料で課題を解決する、町田のデザインコンサル会社-リアルト合同会社-

海・魚に関する仕事はお任せください。

角上魚類のアプリにはこの機能が必要だ

 

角上魚類アプリのスプラッシュ
最新情報をチェック!
sponsors